読書

1/95ページ

眠りの牢獄 – 浦賀和弘

比較的短い。いろいろなトリックがちりばめられている作中作的なものとか。相変わらず主人公が浦賀だったりするがそれもまた。一気に読める。

新世界より – 貴志祐介

アニメを見てたのでストーリーはだいたい把握してるけどそれでも全然圧倒的にすごい。かなりの長編だが呪力による世界の世界観が書き込まれてそして最後の最後で革新にせまるのは鳥肌レベルである。

1 95