rootでnpmを使うときにアクセス権限ではまる

結論から先に言うと–unsafe-permというオプションを付ければよいようだ。

npmでインストールするときにソースコードのコンパイルが行われるようなモジュールの場合、rootで実行していると以下のようなエラーがでることがある。rootなのにアクセス権限がないとはどういうことだと思うが、きっとrootでnpmを使うのがよくないと考えてチェックしているのだろう。

以下のようにnpmを実行すれば回避できた。

Raspberry PiからGoogle Homeを操作しようとしてmDNSではまる

せっかくGoogle Home miniを購入したのでRaspberry Piからいろいろと操作しようと思い調べてみたところgoogle-home-notifierという便利なものがあるのを発見。

さっそくインストールして試してみたところIPアドレスを指定すると喋らせることができたが、デバイスを検索するところがうまく動かない。さすがにGoogle HomeのIPアドレスを固定で指定するのは美しくないので原因を調べてみることにする。

デバイスの検索はmDNSで行っているようだがavahi-browseでリストしても何も出てこなくて、ファイアウォールでmDNSのポートを許可していないことに気付く。

リストは以下の通り。

ファイアウォールの追加は以下の通り。

さらにgoogle-home-notifierを利用している人のブログだけ見てインストールしたので、READMEに書いてある手順を実施していないのに気付く。browser.jsの修正は記述通り実施してlibnss-mdnsのインストールをしようとしたところで、なんとCentOSにはパッケージが用意されていないという罠に気付く。

普通のIntel環境ならepelでインストールできるようだが、Raspberry PiのCentOSにはそれも使えず。ソースから入れる気力もないし素直にRaspbianを使っておけばよかったかなと思いつつデバイスの検索は一旦あきらめる。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦

IからIVまでをアマゾンプライムで見れたのでついつい映画を見てしまった。全体的によくできてる。いまちょうど初代見てるから余計に思うけど。話ももちろん面白い。事実関係の前後とかが頭がついていけてないが。あとこのペースでいつまでやるのかというのは心配。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

原作は岩井俊二の実写らしい。中学生男子の青春ストーリーと時間巻き戻しパラレルワールドという感じの話。オチは特にないような。新房でシャフトが売りのような気もしたがまあなんともという感じ。世間向けの君の名は的なプロモーションは完全にあってない。

君の膵臓をたべたい – 住野よる

映画化するということで読んでみた。話題になっているがそこまで面白いというわけでもない。というか、特におちもなく微妙だった。病気のことも名前を伏せていることも全体的にもう一息。タイトルのインパクトのみ。

PARKS パークス

橋本愛の出てる映画ということで見に行った。井の頭公園100周年という企画らしい。話は雰囲気重視というかスピリチュアルというかストーリーというより世界を楽しむ感じ。

愚行録

人間ドラマが重い。貫井徳郎感はうすいなあ。叙述部分はない感じ。小説だとラストにわかる叙述部分が最初にわかる感じか。イニシエーションラブとは全く逆の作りだな。