それまでの明日 – 原寮

文章は読みやすくてさくさく読めるが思わせぶりな内容で特に最後まで回収されない感じもある。