サウルの息子

これはすごい衝撃的作品。アウシュビッツのスタッフとして働かされる話。サウルが息子を見つけてちゃんと埋葬したいと行動するが本当に息子かも不明だし周りにも迷惑もかかるし救いのない話。

ブリッジ・オブ・スパイ

ロシアのスパイがアメリカで捕まって人質取引に使われる話。主役は取引の交渉をする弁の立つ弁護士で国家が直接対応できない微妙な案件を絶妙にいいくるめてうまく進める話。後半東ドイツが出てきて話が複雑になったりする。