muninのインストール

サーバのリソースなどを監視してグラフにできるmuninをインストールします。公式サイトは以下の場所です。

Cent OSの公式リポジトリには入っていないので、ソースから入れてもいいのですが、依存しているperlのモジュールなどを手動で準備するのは大変なのでepelからインストールすることにします。

サーバの情報を収集するエージェント部分のmunin-nodeと集計して表示するmuninの二つのパッケージに分かれています。メインのサーバには両方をインストールして、他のサーバにはmunin-nodeのみをインストールすることにします。epelから両方をインストールするには以下のように実行します。

デフォルトの設定でそのまま起動するとだいたい使える状態になっています。設定ファイルは/etc/munin/以下にあり、集計側の設定ファイルがmunin.conf、エージェントの設定ファイルがmunin-node.confです。

起動方法は集計側はcronで、エージェントはserviceスクリプトです。chkconfigをonにしておきます。

集計側の設定は基本はデフォルトでエージェントの設定のところを編集します。まず、自分自身のエージェントのエントリ名の名前を書き換えます。そして他のエントリを追加します。

エージェントのみを動かすサーバはmunin-node.confを編集して、allowのアドレスを集計しているサーバのIPアドレスに変更します。また、iptablesでtcpの4949ポートを忘れずにあけておきます。

epelを使用する

これまでCent OSの公式のリポジトリにないものはソースからインストールみたいな方針でやってきましたが、あるものは使おうということでepelも設定しておきます。epelとはExtra Packages for Enterprise Linuxの略らしく、Red Hat系のLinux用に追加のパッケージを提供しているリポジトリです。ウェブサイトは以下の場所です。

ページの真ん中のあたりにあるepel-releaseパッケージをダウンロードしてrpmコマンドでインストールします。例えばCent OS 5の場合は以下のような感じです。

続いてデフォルトでは使用しないように設定ファイル/etc/yum.repos.d/epel.repoを編集します。

epelのリポジトリからパッケージをインストールする場合には以下のようにyumを実行します。