2010年6月1日

愚行録 – 貫井徳郎

あまり貫井っぽくない人間を書いた系の話。それぞれが小さなエピソードみたいになっているのだけど、読んでいるうちにそうきたか!って感じのつながりでカタルシス。

向日葵の咲かない夏 – 道尾秀介

本屋の道尾特集に釣られて前にシャドウを読んだのだがそれほどでもなかったとか言いつつまた読んだみたいな。シャドウよりこっちのがいいかな。ミステリ的な意味で。逆に文句を言い出す人もいそうだが。

さみしさの周波数 – 乙一

短編集。 どれも悪くないけど、フィルムの中の少女がダントツで心に残る感じの。失われた物語も結構くるか。ほんとに短いのに印象抜群の乙一的短編集。

失踪HOLIDAY – 乙一

短編が二つ。 タイトルの方はドラマ化されてたんだね。見たかったな。 主人公目線では金持ちの家での血のつながりのない自分の存在を確認するような話。しかし一方で事件は大事になっていたみたいな。 現実世界設定。 もう一個の方は一人暮らしをはじめたら前の住人がみたいな幻想的な話。こっちのが乙一ワールドだな。