2010年6月

1/2ページ

箪笥のなか – 長野まゆみ

長野まゆみのイメージと違う感じかな。 そこはかとなく箪笥にまつわるストーリー。 一気に読ませる感じではないので読むのは大変だが。 話としては悪くない。 もちろんイメージ通りの長野まゆみ的作品も好きである。

告白 – 湊かなえ

話題のアレですね。 小説を読みました。 すごいですね。 一気に読ませる感じの作品。 映画も見たいな。 美月がかわいいらしいし。 そこかよ。 セルフつっこみ。 あの熱い先生はないな。 あるけど嫌って言うか。 まあ好かれるように書かれてもないとは思うが。 フィクションだけどいらっとするわ。 しかしなんだろうね。 あの始まりですごそうで あの終わりで全体的にすごいけど 結局なんなんだ感はある。 映画はど […]

愚行録 – 貫井徳郎

あまり貫井っぽくない人間を書いた系の話。それぞれが小さなエピソードみたいになっているのだけど、読んでいるうちにそうきたか!って感じのつながりでカタルシス。

向日葵の咲かない夏 – 道尾秀介

本屋の道尾特集に釣られて前にシャドウを読んだのだがそれほどでもなかったとか言いつつまた読んだみたいな。シャドウよりこっちのがいいかな。ミステリ的な意味で。逆に文句を言い出す人もいそうだが。