シャドウ – 道尾秀介

本屋に行ったら特集されてたので買いました。
本格ミステリ大賞受賞作らしいです。

感想としては読みやすい小説です。
本格ミステリ大賞って先入観があると若干物足りないような。
普通に面白いけど。
本格かあって感じの。
移動中に読むには程よい本。

東のエデン

見ました。
やっぱいいですなあ。
思ったよりちゃんとまとまった感じ。
またテレビから見直したくなった。
ちなみに豊洲には行ってない。
一緒に行く人がいればcafeとか行きたいが。

普段グッズとかかわないんだけどストラップとシール買ってみた。
何番貼るか悩むがとりあえず9番が手堅いか。
12番もありだが。
さっそく貼ってみたがなんか曲がってる気がする。

死神の精度 – 伊坂幸太郎

この前本屋に行ったとき、時間が空いてるとき用に文庫を買おうかなと思って見てたら、伊坂コーナーがあって、そのコーナーの僕が聞いたことのあるタイトルの中で一番陳列がしょぼかったのが死神の精度でしたw

ゴールデンスランバーとかの盛大な陳列に比べてあまりにしょぼかったので俄然興味がわいてきて、もうこれを買わざるを得ないと思って買ったわけです。

感想としては妥当な陳列でしたって感じかなw

まず短編集なのがあれですね。ちょっと弱い。シリーズを通して伊坂的な、おっと思わせるような小ネタはあるけど、まあうーんって感じの。

そしてモチーフが死神なのがね。誰が見てもデスノートかよって思うよね。しかもあまりうまく料理できなくて二番煎じ臭がぬぐいきれない感じの。

でも一応これって映画化されたんだよね。機会があったら見てみたい。ってほどでもないかな。