2008年11月

びっくり館の殺人 – 綾辻行人

久しぶりに綾辻読んだ。 館シリーズ最新作。 元々子ども向けの企画みたいなので書かれたらしく結構短い。 ちなみに暗黒館はまだ読んでない。 ミステリらしいミステリだけどさらっと読むとしょぼいオチに見える。 所詮子供向けとか思ってしまいそう。 大人はもっと深読みして楽しむ作品のようだ。 巻末の袋とじにそんな感じの対談も載っている。 しかしもう一度読む気にはならない。 まあいいやって感じ。