2006年1月

ダレカガナカニイル・・・ – 井上夢人

主人公は警備会社で働いているという現代設定で、 頭の中に他人の意識が入ってきたというファンタジーな話。 結構長編で世界観を丁寧に構築し、 最後にはちゃんとしたミステリ的落ちがある。 これはすごい。

プラスティック – 井上夢人

それぞれの人物がワープロに順番に ファイルを作成してストーリが構成されている。 多重人格ものであることは容易に想像がつくが、 それでも十分ミステリ的にも楽しめるし、ストーリ自体もよくできている。