2005年10月

1/2ページ

殺人症候群 – 貫井徳郎

症候群三部作最後の作品。 今回は倉持がクローズアップされている。 結構な長編で、本筋以外のところにもいろいろドラマがある。 ミステリ的な部分もありなかなか面白い。