2005年6月

1/2ページ

試験に出るパズル – 高田崇史

わりとくだらない内容のパズルをまじめにやる短編集。 ちょっとしたネタをまわりくどく展開して短編にしている感じ。 浪人生のぴいくんやいとこで大富豪の千波くんが活躍する。 最初にあほなことを言ったりするところとか完全にパターン化されている。

魔法鍵師カルナの冒険 – 月見草平

久しぶりにラノベを読んだ。 まあ、メフィスト賞受賞作でもラノベみたいなのは多いが。 主人公の少女が魔法で作られた鍵を自在に操る魔法鍵師(ロックスミス)を 目指して修行する話。 ラノベらしくページ数少なめでテンポのいい展開。一章の小話は蛇足だな。

透明人間 – 浦賀和宏

家の地下に秘密の研究施設に閉じ込められ、殺人事件が発生する。 主人公は子供のころの経験から限りなく透明人間を信じている。 安楽椅子探偵安藤の推理が真実なのか、 それとも自分の信じている透明人間が真実なのか。

李歐 – 高村薫

「わが手に拳銃を」という作品のリライトらしい。 タイトルは中国人の刺客にして人生最大の友人の名前。 主人公の波乱万丈だがしっかりとした人生が緻密に描かれている。