好きな元オリンピック選手筆頭のあの岩崎恭子が12月24日にヌード写真集をだす らしい。例えば記事 はこちら。 オフィシャル はこちら。 そして、25日には渋谷のブックファーストで握手会まであるそうだ。セミヌード ということで期待過剰は禁物だが、なんとも興味深い。

巷で話題の「ハウルの動く城」を見に行った。しかも、場所はわれらが川崎のお しゃれスポット「チネチッタ」だ。新しくてなかなかいい映画館だった。とくに 椅子がいい感じだ。しかし、チッタ全体がアミューズメントパークのような感じ で場所がわかりにくい。映画自体は特にコメントするようなこともなし。

夜は「oyster bar TUKIJI 六本木」で牡蠣を食べた。オイスターバーとは牡蠣を 一粒300円以上で販売するとても利益率の高そうな商売なのだ。こんなに牡蠣を 食べるのは初めてなので満足度は高かったが、そう何度も行きたいと思うほどで もない。

常々思うのは、人生が何の冒険もなく平凡に過ぎていくということ。 しかも、年を取るとともにだんだん周りが見えなくなっている。

世の中は知らないところで着々と進展しているのだ。 京都では門脇舞のイベントがあったり、 横浜ではアンセブのライブがあったり、池袋ではラグナロクのイベントがあったり。 全く知らなかったのだが、ラグナロクオンラインには ラグナロ娘というキャンペーンガールがいるらしい。 そして、このたび蔵野ありさが卒業だそうだ。 何かと嫌われているようだがルックスはかわいい。 いったい何歳なのか知らないがずいぶん昔から有名だ。 さらに、ラグナロ娘には他にも乾曜子がいるのだ。 デジドルなどで大人気だ。 例えばここで ラグナロ娘の写真が見れる。

「♪ニョニョニョ~」というCMが 人気らしい。 見たことないからわからないけど、これってデジコのぱくりではないのだろうか。

能登麻美子 お仕事ディスコグラフィ@駒場祭(能登麻美子)

駒場祭でアニメーション研究会主催の 「能登麻美子 お仕事ディスコグラフィ」というイベントがあった。 ゲストはもちろん能登麻美子。場所は7号館743教室、とても懐かしい。 集合場所は人里離れた5号館裏。集まったファンが駒場祭の一般参加者から 奇異の目で見られないように考慮されている(かどうかは知らない)。 周りには見たことのない新しいビルとかあって、年を感じさせた。

座席番号は10番台だったが、席はわりと画面端。 最前センターにプロジェクタとか関係者がいて残念な配置だ。

内容は出演作品をちょこっと見せてトークをする感じ。 慣れない進行が学園祭な感じをかもし出していた。 プロジェクタもパワー不足で画面が暗い。 照明も部屋の照明なので、能登麻美子の顔が良く見えないという微妙さだ。 最後にプレゼント付きカルトクイズ。 短いイベントでした。