2003年5月

1/2ページ

悪意 – 東野圭吾

犯人と刑事の手記で語られる話。 手記なので嘘が書けるといううまいテクニック。 それで、刑事も一緒にだまされていて、 それを暴いてどんでん返しみたいな。