会社にいると全然気づかないのだけど、 ちょっと電車に乗ったりすると、世の中には若い女の子がたくさんいることに 気がつくのだ。どのくらいたくさんかというと、若い男の子と同じくらい。

しかし、昼休みに安田講堂前のベンチや芝生で くつろいでいる人のあまりの多さに驚いた。 足の踏み場もないくらい。 まるでアメリカの大学のようだ。

だるいぞ。 もうぼろくて何年も着てないような服がいくつもあるのだが、 貧乏性のためなかなか捨てることができない。 今日こそはと思い切って整理回収機構を発動したのだが、 部屋が散らかるばかりで、エントロピーの偉大さを思い知った。

物理的な時間の長さというのはもうほとんど変わらない客観的なものである。 つまり、時間の流れから抜け出そうと、狂ったように全速力で駆け出しても たかが知れているのだ。 一方、精神的な時間の長さというのは、言い換えると質とか密度とかであるが、 これはまさに気力に依存するものである。 結論を言うならば、気力、根性、ガッツ・ショエー。

ツインリングもてぎ

ツインリングモテギに行った。 去年まではCARTだったが、今年はIndy Japan 300だ。 東京駅でバスに乗る人が少なかったので多少不安だったが、 ついてみればたくさん人がいた。 ジャージの中学生もたくさんいた。 カップルもたくさんいた。 タバコを吸ってる人もたくさんいた。 そして、春とは思えないくらい暑かった。 そう、去年となんら変わりはないのだ。

で、去年の日記と同じノリでいくとするならば、 ここで、レースの方はスコット・シャープの圧勝だったとぼけをいれるところだが、 なんと、今年のレースは本当に伏兵スコット・シャープが優勝したのだ。 彼はIRLとCARTが分裂する前から一貫してIndyドライバーだが、 IRLとCARTの最大の違いを挙げるとしたら、IRLはエンジンがうるさい。 いや、ホントに。うるさすぎてやばい。まさに爆音である。

レース前のセレモニーではお偉いさんやドライバーが S2000オーナーズクラブのS2000に乗って手を振りながら コースを一周するという慣わしがあることがわかった。 今度行くときは前のほうに張り付いてみよう。 レース終了後はコースウォークはなかったものの、 帰りのバスがコース内から出発するという粋な計らいがあって感激した。

なんていうか、もりもり感にかけるんだよね。 冷めた・醒めた・クール・ドライ・ニルアドミラリ。

てかね、いつの間にか新生dreamってライブがあるらしい。 微妙に気になる。念のために言っておくと、山本紗也加萌え。

最近、とても久しぶりにT.M.Revolutionの曲を耳にしたのだが、 「Meteor-ミーティア-」という曲がとても好きだ。 「THUNDERBIRD」と同じ系統。でもMeteorの方が好き。 サビがよい。サビの最初のフレーズ。♪はなつひかり~そらにおちる~のところ。

唐突だが、アニメイトって変わった店だと思う。 なぜか知らないけど、店内のいたるところに作業台みたいなものがあるのだ。 しかも、営業中にあたりまえのようにそこでなにやら作業をしている。 そして、さらに不思議なことに、 一箇所の作業台で男と女が一人ずつ作業してたりするのだ。 くそ~、よくわからんけど腹が立つぞ!!!!

怪しげなDVDを二つ買った。ひとつは「dream party」。 新生dreamお披露目ミニライブとメイキング・PVなどが入った小物。 わざわざ渋谷のタワレコに行って、これを買う自分が好き。 実は、タワレコ特典生写真というのがあった。 しかし、しかし、しかし、紗也加の写真は売り切れていた。 残念。どうせならもう少し早く買えばよかった。

このDVD、中身は少なめだがわりと楽しめる。 なにより6人いる新メンバーが少しわかってきた。 やっぱり山本紗也加が一番いい。ライブでも新メンバーで 歌のパートがあるのは紗也加だけという大活躍ぶりだ。 あとは、えりえってのが岡山で、あみってのが変な顔をする人。 以上3人が一応あり。りさはなんとも。子供。 あやは声が低めで背の低い元気な関西人。好きじゃない。 しずかは目立たない。

もうひとつは水樹奈々のライブDVD「Live Attraction」。 わりといい感じ。いや、すごいいい感じ。 ファンの(キモヲタの)声援がもうちょっと入っててもいいのに。 基本的に奈々ちゃんが歌ってるところには入ってない。 歌だけが聞きたいならCDで聞けば十分だと思うが。 ライブの臨場感が損なわれるし、バイブルとしても役に立たない。 dreamのライブDVD(not dream party)よりはましだが。

時の鳥籠 – 浦賀和宏

浦賀和宏の「時の鳥籠」を読んだ。 飛行機の中で少し気分が悪くなった。 過去にタイムスリップする話。 実はこういう現実的ファンタジーな設定はあまり好きじゃない。 それ以外の部分はわりと好き。

大阪へ出張。 阪神の地下にココリコ・ケーニヒスクローネ・ペルティエ等が並んだ一角があった。 これらの店はよくメイド萌えとして挙げられるが、実は販売のみの店に見える。 メイド萌えのメッカ梅田も恐るるに足らず。他の場所には喫茶もやってるところが あるのかな。そのまま実家に帰宅。