特に何の変哲もないのだが、まったりとした日々。 中華屋さんでお茶を頼むのに、2~3人用と4~5人用のサイズがあって、 もちろん値段も違うのだけど、2~3人用でも何度も無料でおかわりを くれるのでたくさん飲めるといううれしい罠。

Objection, your honor!! I think “ニーソ” == “オーバーニー”.

1月10日にカードの支払いが25万ちょっとあるのだが、 カード会社から、12月30日までに申し込めば1月10日の支払いを 分割払いにするのが間に合いますよ、というDMが届いた。 余計なお世話だ。

緩慢な日々に絞め殺され病だ。 最近何気にゲームがしたい。 でも、テレビは買いたくない。邪魔だ。 邪魔な機材が増えずにお金もかからずにアンリミテッドサガがしたい。

天気予報では日曜は雪が積もるとかいう話だったような気がするが全然雪ではない。 昨日に引き続き今日も渋谷組んだりして、 というかアニメイトに行ってPritsのアルバム 「cherry blossom」を買ってしまった。 そのせいなのか知らないが、なんか喉が痛い。風邪のソードかもしれない。

もともと買う気はなかったのだが、良く考えてみるとこの前貰ったアニメイト商品券 の有効期限もわりと差し迫っている。 しかし、シングルの予約のときに前金は現金じゃないとだめって言われてしまった。 当面他に使い道はない。 これはすなわちイコール買うしかないのだろうか?という結論に至ったのだ。 で、買ってみてどうだったかというと、一言で言うならばこれは完全に失敗である。 シングルの曲もなぜか変なカップリングの曲は収録されているが、 肝心のタイトル曲は1つしか入ってない。 まあ、それは買う前から解っていたことなのだが。 一方、新曲の方はといえば、最初のインストを除いて6曲ほどあるのだが、 これがどれもこれも結構やばい、やばいというかやる気が感じられない。 まず、何故か僕の大嫌いな泉川そらが、実際に大嫌いなのは雲子だが、2曲もあるのだ。 あとは、ラブデスの伊藤千夏に良く知らない人と良く知らない人、そして 唐突にリンドバーグの「GAMBAらなくちゃね」のカバーといったラインナップだ。 曲もさることながら、歌がやる気ない。 奈々ちゃんも他の3人に合わせて押さえ気味なんじゃないか勘ぐってしまう。 もっと恐ろしいことを言えば、ミックスでとか。

で、まあ、一応ポスターを壁に貼ったわけだ。 いい年してなにやってんだがって感じだが。 僕は奈々ちゃんファンなのだが、ルックス的には4人の中では やっぱりもっちーがいい。24歳には見えない。いや、見えるかな。

NTT東日本にマイラインプラスするとフレッツADSLが安くなるというあれなんだけど、 実はNTTのお姉さんに営業されて NTT東日本にマイラインプラスしていたということに気がついた。 開通は1月7日。

雨降ってるし寒いねぇ。 そんな中、アニメイト渋谷店に行って千葉紗子のシングルを予約してきた。 なにやらイベントがあるらしいので。 千葉紗子ってよく知らないんだけどね。 それで、店内にかわいいというか僕好みの女の子がいてちょっと気になった。 堀江由衣を10歳若くしたような感じ。ちょっと違うけど。 ジーンズにグレーのコートで、紫のニューバランスに水色の傘の君だよ!君!

そういえば、来週の水曜日発売のpritsのアルバムがもう売っていた。 買おうかとなと思ったけど、 シングルで聞いたことのある曲が5曲というのが微妙なところ。

Dynabook SS S6欲しいねぇ。

東大病院の15階にある精養軒でお昼を食べた。 精養軒って有名なの?いきなり漢字変換できるんだけど。

先月の出張の時、埼玉大学のブースにいたアロハシャツのおじさんにマウイの 写真のカレンダーを貰ったので、 それが僕の部屋の来年のカレンダーとして飾ってある。 ふと見たときに、1月20日の月曜日が赤い字で書いてあるのに気付いて、 このカレンダー成人の日が一週間ずれてるよププとか思ってしまった。 しかし、良く見ると「Dr. Martin Luther King Jr. Day」だった。 祝日がアメリカのようだ。

Jの神話 – 乾くるみ

乾くるみのデビュー作にして、第4回メフィスト賞受賞作だ。
これが山奥の全寮制ミッション系女子校もので、なかなかどうして期待を裏切らないような
展開のだ、ある程度は。しかし、わけのわからんバイオ系になって、
おいおいって言いたくなる。しかも、最後に落ちまである。結構凄い。

休日である。何の変哲もない日々。 こう、なんかいいことないかなぁ、棚からぼた餅的に。 どうでもいいことだけど、昨日ローソンに行ったときつじあやのが流れていた。 一昨日ローソンに行ったときもつじあやのが流れていた。

M氏に電話で「いまどきナローバンドかよ!」と言われたこともあって、 ADSLっていくらかかるかなとか考えていたのが、結局申し込んでしまった。 フレッツADSL。 線路距離長680mで、伝送損失が17dB。さてさて、どのくらい期待できるのでしょう。 しかし、すごいお徳とか宣伝してるけど、キャンペーンとかで得するのって 数百円なんだよね。ここで、社会人にもなって数百円にこだわるなんてと書くか、 安月給なので数百円とはいってもと書くかが悩みどころである。 まとめると、フレッツADSLは今月から値下げ → キャンペーン中なので 最初の3ヶ月は500円引き → 12Mを申し込むとその次の月は500円になる → 申し込みをわくわくで取次ぎするとプロバイダ料金が半年間800円引き → ホントはマイラインプラスをすると安くなる。 これで今使ってるアカウントでめでたくADSLだ。 というか、1000円のプロバイダ料金が800円引きって結構チャレンジングだと思う。

乾くるみの「Jの神話」を読んだ。 乾くるみのデビュー作にして、第4回メフィスト賞受賞作だ。 これが山奥の全寮制ミッション系女子校もので、 なかなかどうして期待を裏切らないような 展開のだ、ある程度は。しかし、わけのわからんバイオ系になって、 おいおいって言いたくなる。しかも、最後に落ちまである。結構凄い。

「♪いちにのさんしで 扉は開くよ ほらもう一息頑張れ~」。 関係ないけど、堤さやかって凄いね。 堀江由衣と似てるとか似てないとかいう意見もあるし。 しかし、アダルトDVD発売記念でヤマギワでイベントだよ。

ひさしぶりに我らが聖地・池袋本店に行った。 道端ではサンタの格好をした女の子がドコモのビラを配布していた。 こういうのを見ると、コンパニオンを目指して事務所に登録しても イベントでコンパニオンをする人はごく一部でほとんどの人は ビラ配りに終わってしまうんだろうなぁ、とか根拠もなく思ってしまう。 それで、福井裕佳梨のシングルを予約してイベント整理券を貰う。 それにしてもシングル一枚購入するだけで、生歌が聴けて、サインが貰えて、 握手が出来るのだからすごい。 普通のCDショップで同じ値段でシングルを買う人がかわいそうなくらいだ。 結局、自由経済というのは需要と供給の関係で成り立ってるんだなぁと 実感させられる。 デビュー時には供給過剰なのだ。 ある程度の地位を確立すると安っぽいイベントには顔を出さなくなる。 しかも、需要は拡大しているので少ない供給に殺到する。 たかが整理券を手に入れるのに平日の開店前から行列をしなくてはいけなくなるのだ。 ときには転売屋と火花を散らしたバトルが展開されるかもしれない。 ハッキリ言ってしまうとそういう対象を追いかけるのは賢くない。

まあ、そんなことはどうでもいいのだが、福井裕佳梨の活躍度が最近かなり 上がっているのではないかと思う。まあ、テレビも見ないしラジオも聞かないし、 最近は雑誌も見てないので、ホントに勝手に思ってるだけなのだが。 少なくとも「ゆかりん」と言ったときに誰もが無条件に田村ゆかりのことを 思い浮かべるというレベルは既に脱しているだろう。 しかし、福井裕佳梨がこんなにブレイクするとは思わなかった。 こんなことなら投稿写真の1997年12月号を捨てなければ良かった。 もともとは、何年か前、ファンシーフリーフラミンゴ萌え~とか言ってた時代に、 FFFのファンシーこと石垣綾子の見開きインタビュー記事が載っているということで、 わざわざネット通販してる古本屋で購入したのだ。 石垣綾子が載ってるのはその2ページのみなのだが、 実は表紙&巻頭水着グラビアが当時15歳の福井裕佳梨なのだ。 どうだ参ったか。

その後ついでに、聖地の近くにあるアムラックスに行った。 なんだが良く知らないけど、アンケートしてたり、ラジコンレースしてたりと 盛り上がっていた。ちびっこがたくさんいた。カップルもたくさんいた。 まず驚いたのが、マイノリティ・リポートに出てくる車がおいてあったことだ。 別に驚くようなことでもないのだが。上のカバーというか、窓というかが 外してあったのがちょっと残念だ。 そして、FXSとか言う名前のすごいオープンカーがあった。 よくわからんけど存在感がある。噛みつかれそうだ。 さらに、地下にはグランツーリズモがおいてあった。 座席とかハンドルとかアクセルとか着いてるのだ。 何故かプレステのパッドもついてる。 このゲームってアーケード版あったっけ? それとも特注なのかな、手作り感あふれてるし。 座席にTRDとか書いてあるの心憎い。

シャチハタというのは固有名詞なんだけど、 今ではスタンプ印の意味を表す一般名詞となっている。 こういうのを辞書で説明する時には「転じて~の意」などと 書いてあったりすることだろう。 シャチハタには既製品と特注品があるのだけど、 僕の名前はあまりメジャーではないので特注品を頼まなくてはいけない。 それでこのたび、ネットで通販しているお店で注文したのだが (工作員だと思われるといけないので名前は出さないが(笑))、 これがなかなかどうして良いではないですか。 特注品の納期は3営業日って書いてあるのだが、 昨日注文すると、昨日のうちに制作・発送してくれて、本日届きました。 早いね。迅速なお取引どうもありがとうございましたって言いたくなりそう。 近所に大きなはんこ屋さんがあるわけでもなければ、 ネットの方がきっと便利だね。これがIT革命ってやつかな。 写真の上の方が通常サイズ。せっかく特注なんで色をペールブルーにしてみた (既製品は黒のみ)。下は訂正印サイズ。こちらは色が選べない。 見えないけど、どちらも行書体。

ABC-MARTでスニーカーを購入した。 靴を買うのは大抵ABCなのだが、靴はたまにしか買わないのでABCの ポイントを有効に活用できた記憶はない。 しかし、またしてもニューバランスである。 ここ何年かニューバランスしか買えない体になってしまった。 今履いてるニューバランスも今年買ったのに、 もうかかとが擦り減って雨の日にすべるようになってしまったのがなんとも。 スニーカーの寿命ってこんなもんだっけ? まあ、歩き方が変という説もあるが。 かかとの外側ばかり妙に擦り減ってるし。