土曜日にはありがちなことではあるのだが、今日は一日ごろごろと過ごしてしまった。 例えば昼寝とか。 かろうじて洗濯と掃除は遂行された。 この辺をずるずるとサボり始めると部屋の中が荒れ放題になるのだろう。

夕方、髪を切りに行った。

しかし、こう最近はなかなかどうして張りのない毎日であることよ。 日本語が若干意味不明ではあるが。 アイドルとか声優の歌にコールを入れたり、コスプレした女の子を写真に とったりするような情熱のアクセントが欲しいね。 いや、そういうのじゃなくてもいいけどね。

今週はいつにもまして元気のない一週間だった。 やっぱり先週が休みだっただけに毎日会社に行くのがだるすぎる。 いわゆる五月病とか言うやつだな。ちょっと違うかな、まあ似たようなものだ。 それで、金曜日は明日が休みという気楽さからか、どうも早い時間からうとうと してしまうんだよね。それで夜中に一度目が覚めてお風呂に入ったり。 そんなこんなで生活リズムが崩れるのであった。

つまり、日本インターのダイオードはノイズが少ないのでオーディオマニアが 喜ぶと言うことなんだよ。もっとも、そんなことを僕に言われても困るけどね。 だいたいショットキーって何?僕のパソコンにはそんなキーはついてないってば!!

ヤフーのニュースで笑ってしまった。 来週ペンティアム4の最速版を発表するそうだ。 「秒速2.8ギガヘルツ」らしい。

空港でカッターを徴発されてしまった。 カッターってカッターナイフのことね。 中 3 のときに愛媛県のどこかの川でなんか漕いだような気がするのだけど、 あれはカッターって言うんだったっけ? どっちでもいいのだけど、とりあえず、漕ぐのよりも舟を川に運ぶのが大変だった。

ダイソーの傘はかなり小さいということが発覚した。 発覚したというか、かなり濡れてしまった。 100 円だからしょうがないのかな。

駅前とかに黄色いTシャツの人がたくさんいた。 今年もまた 24 時間テレビの季節がやってきたみたいだ。 24 時間テレビの凄いところは番組の途中で地方別の部分があるところだ。 大都市以外のところに住んでる人にとって、あれはかなりいただけない。 出演者のクオリティが違いすぎる。 広島会場なんて毎年聞いたこともないような演歌歌手とか出てくるし。 やばいね。 地域差別だよ。 NHK の受信料は同じなのに。

漫画というのはたいてい連載である。 大長編書き下ろし全 30 巻とか聞いたことないし。 したがって、ある程度長さのある、単行本で 5 巻以上になるような、漫画では、 全体のストーリーはあまり意味がないものが多い。 そのかわり、肉が少なめ、ではなくて、話の途中に小さな山がたくさんある。 そのなかでも、最も安直な盛り上げ方のひとつが、新キャラ登場だ。

そうなると、少女マンガに出てくる新キャラの女というのは、必然的に主人公の 恋のライバル、つまり主人公の好きな人(または彼氏)の周りをうろつくキャラに なるわけだ。 そのライバルというのには 2 種類あって、 ひとつはアクティブ・ライバル、もうひとつが パッシブ・ライバルだ。 アクティブ・ライバルは積極的に主人公の好きな人(または彼氏) にアタックする女で、 なぜか派手な感じのキャラや・妙に自分に自信のあるキャラ・ 自分から宣戦布告するキャラ・ 背の高いキャラ・声が大きそうなキャラ・お金持ちなキャラなどが多い。 パッシブ・ライバルは困っていたり、なぜか個人的事情をかかえてたりして、 主人公の好きな人(または彼氏)が良い人なあまり世話を焼いてしまうキャラで、 地味な感じのキャラ・貧乏なキャラ・声が小さそうなキャラなどが多い。 これは完全に個人的な好みの問題なのだが、少女漫画に出てくる女キャラの中では たいていこのパッシブ・ライバルに該当するキャラが好きだ。

つまり結局どういうことかというと、 となりのタカシちゃんがいつのまにやら終わってしまったのだが、 しかもかなり納得のいかない急展開で、花伊吹が捨てがたいと書き留めたかったのだ。 それで、何気にランダム・ウォークを読み返していると 瀬田さんも悪くないと思ったわけだ。

はやりの広島風激辛つけ麺を食べた。 地蔵通りにある「ばくだん屋」。 月金ライブとか週間パパタイムとかで紹介された有名な店らしい。 まあ、そんな番組知らんよって言う人もいるかもしれないけどね。

今日は終戦記念日。 昼寝をしていたので黙祷できなかった。

乾くるみの「匣の中」を読んだ。 「匣の中の失楽」へのオマージュだそうだ。 まあ、読んでいくとそれっぽい文章なのだが、 最後まで読むとおいおい!!って声に出してしまいそうだ。 はっきりいってこの本は面白くないぞ。

最近銭湯が流行ってるらしい。 銭湯というかスーパー銭湯。 このあまりにも安直なネーミングがいい。 サイヤ人もびっくりだね。

それで、一応天然温泉だからスーパー銭湯とはちょっと違うかもしれないけど、 ホットカモに行きました。 ホットカモだよホットカモ!! このネーミングもなかなか凄い。 言わなくても分かると思うけど、賀茂ボウルのところです。