2002年2月

理由 – 宮部みゆき

これは有名な作品。 ほんとに良くできた作品である。 競売で買ったマンションに占有屋がいて、 でもその人たちは家族じゃなくて、 殺人も起きるという複雑な話。 全体が事件後に関係者にインタビューしているという形式で かかれている。 時を同じくしていろいろな場所にいろいろな人がいるという 多少複雑な感じもする。 連載のためか、多少思わせぶりすぎる感じがしないでもない。