2001年6月

1/2ページ

八月の博物館 – 瀬名秀明

竹本健治系の話。 作者が小説を書いてる現代と、 作者が子供だった頃、 そしてエジプト時代がある。 子供の頃に不思議な博物館があり、 そこで美宇という女の子に出会う。 そして、一緒に昔にタイムスリップしてエジプトに行ったりする。 それが作者の書いてる小説である。 現代の作者には有樹という彼女がいる。