夢・出会い・魔性 – 森博嗣

久々に読書。しかも、森博嗣。 5月くらいに出てたはずだけど、今まで読んでなかった。 Vシリーズ4作目。 もちろんタイトルは「夢であいましょう」という意味だろう。 VシリーズはS&Mシリーズに比べて、薄くて軽い話が多い。 読みやすい本のほうが良く売れるのだろうか。 編集部の方針で厚いのは京極と清涼院だけだったりして(笑)。 話のほうは、テレビ局でクイズ番組があって・・・ おもしろいといえば、おもしろい。 ほとんどキャラ萌え系なのでストーリーは何でもおもしろいのだけどね。 それで、ある程度意外な犯人ながら、 特に大どんでん返しみたいなミステリ趣向はなし。 森作品にはもともと無かったかな。