やまとなでしこ

やまとなでしこといえばスーパースター。 というわけで、今日はほっちゃんを見に行きました。 いや、ほっちゃんは良いです。

しかし、教義も知らずにセミナーに参加したので、 修行があまりうまくできなかったのは否めない。 一方、つわものたちは、空中浮遊さえしそうな勢いだった。

ところで、今日で4月は終わり。 今月を振り返ってみると、史上3度目の皆勤賞。 前半はネタ不足気味、後半は娘。って感じかな。 人生希望があるのは若いうちだけ、 年を取ると宗教に逃げるのも悪くは無いかも。

海のある奈良に死す – 有栖川有栖

また有栖。こんどは火村教授の出る話。 小浜のことを「海のある奈良」というらしい。 海のある奈良に行くと言って旅立った作家が殺される話。 作家や出版社の人たちの世界の話。 海のある奈良がキーワード。 あとは、人魚の話。人魚の肉を食べると年を取らない。

みどりの日

今日からゴールデンウィークの人もいる。 そうじゃない人もいる。 なぜか、今日はみどりの日。 どういう意味なのかはいまいち不明。

最近、世間ではやってる人といえば、釈由美子。 ルックスは、榎本加奈子風。 キャラ的にもそんな感じか?

どうでもいいけど、前田愛(亜季の姉)はカナダに留学するのか?

突然の紗耶香脱退

ホントに突然にして、市井紗耶香が脱退ということみたい。 世の中おかしいよ。 今までのようにASAYANで発表じゃなくて、 まるで普通のニュースのごとく脱退されてしまった。

最初はメンバー追加や脱退と言うのが大事件だったのに、 いつの間にやら日常と化している。 それは、ファンの人にとってもそうだし、メンバーにとってもそうだろう。 そして、3年後・・・

幻想運河 – 有栖川有栖

オランダに暮らす日本人が殺される話。 別に本格でもないし、先輩も火村教授も出てこない。 さりげなくカットバックだけど、素直な展開。 問題の殺人自体ははっきりと解決してないように見える。 オランダなのでマリファナである。

タンポポ健在

どうやら、タンポポはまだ終わってなかったようだ。 新曲が出るらしい。 メンバーはどうなるのでしょう? 二人のままって事は無いだろう。 吉澤を入れて3人か、加護も入れて4人てのがいいね。

一部では、タンポポに吉澤と辻、プッチモニに石川と加護という噂もあるけど、 さすがにそれはやりすぎだろう。 本当にそうなったら、かなりやばい。

プッチベスト

プッチベストとはプッチモニのベストアルバムではない。 娘。関係のいろいろな曲を集めたアルバムなのだ。 ベストアルバム系はファンにとってはあまり魅力が無い可能性が高い。 プッチベストも16曲入りだが、新曲は1曲のみ。 またの名を3000円シングルCDとも言う。 隠しトラックに某飲茶楼のCMソングが入ってるのが救いと言う説もある。

ところで、はやりの(?)隠しトラックだけど、 確かに隠しかもしれないけど、トラックじゃないよね。

真実と事実のはざまにて

わざわざ言う必要は無いかもしれないけど、 このHPに書いてある娘。に関する考えとかは、 まるで世間一般でのメインストリームをなすもののように見えても、 実はただの個人的偏見によるものの可能性が高いよ。

矢口は昔は遊園地にいっても、 身長制限でジェットコースターに乗れなかったりして悲しかったけど、 今は、18センチの厚底をはいて、 身長が163センチだから、遊園地で何でも乗れると言っていた。 こんなのでいいのか、遊園地?

教育されるのはどっちでしょう?

今日は雨。雨降りて地固まるのことわざどおり、最近は娘。の話題ばかり。

加護さんは 148cm、辻さんは 150cm、矢口は 145cm というわけで、 中1が2人追加されても一番小さいのは矢口だ。

しかし、矢口が小さいだけではないような気もする。 僕が中1の時って 145cm しかなかったしね。 そう考えると辻さんってわりと大きいよね。

眼球綺譚 – 綾辻行人

久しぶりに綾辻行人。短編集。 どの作品にも由伊と言う名前の人が出てくる。 ミステリではない。ホラーなのかな? 綾辻行人ってこういう系統の話が結構ある。 中では本のタイトルにもなってる眼球綺譚が一番良かったかな。