季節の変わり目に捧げるいくつかのペダントリ

世の中には「うたばん」というテレビ番組がある。 そもそもこの番組なかなか面白い。 全国ネット的には8時に始まるのだが、東京では7時54分に始まるのだ。 ここには少々トリックがあるわけで、 7時54分からは正確には「うたばん寸前」って番組なのだ。 しかし、深く考えずに見るとそれも「うたばん」の一部のようだし、 新聞にも「うたばん」は7時54分からと書いてある。

それで、今日はそのスペシャルとして「とくばん」なる2時間番組があったのだ。 モーニング娘。のファンとしては見逃すわけにはいかないのでビデオにとって見る。 そして、娘。のコーナーでは、 「長縄跳びで対決して、最後まで勝ち残った人はソロで歌える」 という企画があったのだ。 それで、もちろん僕は矢口真里を応援するわけだが、 あと二人というとこまで矢口が残って、 もう一息というところで引っかかってしまった。 しかし、このとき心の底から矢口を応援したし、自分のことのように悔しかった。

短髪だ。 ショートカットが好きな人はわりと多い。 これは、ショートカットにするのが好きな女の子という意味ではなく、 ショートカットの女の子が好きな男の子という意味だ。 それで、面白いのが「擬似ショートカット」だ。 そもそも、ショートカットというのは肩にかからない程度の髪の長さのことで、 坊主頭やハゲの人は狭義の定義には含まれない。 そして、ショートカットの魅力は耳が髪に隠れないことらしい。 だから、セミロングの人でもポニーテールなどにして耳を出していれば、 「擬似ショートカット」としてショートカットに順ずる身分が与えられるのだ。

今日は学校で中指を少し負傷してしまった。 そもそも中指は肌が荒れ気味でボロイ爪が生えていたのだが、 ちょっと、RAID(とはいっても小さいやつだよ)を 動かそうとおもって持ち上げたとき、 すこしだけ、爪と指の間に隙間開いて血が出てきた。 べつにひどい怪我ではないのだが、指先に力を入れると、 爪と指の隙間が広がるような、嫌や感じがする。 そんなこんなで、キーボードが打ちにくい。

9月は今日で最後。 一月の終わりには必ず日記を書かなくてはいけない。 それは、単なる日記の枠にとどまらず、その月の月記でもあるからだ。

円周率

やはり、L2 内臓は強いと思う。 935MHz の P3 より 1GHz の Athlon より 874MHz の Celeron の方が 早く円周率が計算できる。(Super π、100 万桁が 131 秒)

・・・つかれた。突然だけど、以下略。

神・八犬伝

今が買いってことよ。

MPEG4 は MPEG1 より画質が悪いみたいだ。知らなかった。 セラフィムコールは七瀬葵らしい。知らなかった。 そういえば、新声社はつぶれたね。 椎名へきるのコンサートは毎年 STARTING LEGEND だ。

重要なのは、美少女Hだったのかも。 うさだひかるは氷上恭子のようだ。

罠だ、罠だ、罠だ~。 マイクロソフトの陰謀が渦巻いてるぞ。 なんと Outlook を起動したときリソースが足りなくて(この時点ですでに罠だが) しかも、固まってしまったので強制終了させると、 次に起動したときには大きさが縦 0 ドット、横 0 ドットになって操作不能。 大きさを変えることも、移動することも出来ない。 しかも、起動するたびに大きさを覚えてるし。 さらに、レジストリには直接数字を書き込んでる気配なし。 むかつく。

最大化すれば、使えるけど・・・なんかむなしい。

思兼

たまには、何か書かないと存在感がないからね。

日々思うこと、英語力がもっとあったほうが良いね。

学校から帰ってると、右折禁止の交差点を果敢にも右折してる車がいた。 周りの車がクラクションを鳴らしても、我関せずだ。 今日は交番に人がいなくて残念だった。

しかし、時代は前田愛だと思う。 10月からは、月8のテレ朝でドラマだし、はみ刑事も復活。 あとは、黒坂真美だね。

結局のところ、チェキッ娘のメンバーは顔見ても名前がわからんねぇ。

ギンガマン

ギンガマンです。

最近の戦隊ものの中では、抜群の人気があったやつです。(たぶん) でも、大きなお友達にはちょっとつらい放送時間帯でもあります。

それで、ギンガピンクのテーマソングが良いです。 その名も「ギンガピンク サヤ・花の戦士」です。 ブレイク気味です。 曲も良いです。もちろんそっち系の良さです。正統派です。 歌詞も良いです。 ちなみに、サビの部分はこんな感じです。(間違ってる可能性あり) 「天使の瞳で闘い挑む 可憐爆発大胆素敵 天使の心で闘い挑む 可憐炸裂純真無限 荒野に咲いた奇跡のヒロイン ギンガピンク サヤ 花の戦士」

ちなみにSOTECはやられてしまいました。 ところで、SOTECの広告はインテルとかマイクロソフトの社長とか出てたと思う。 よって、イメージダウンコンボ。(うそ)

てゆーか、白い車って独創的過ぎて、間違って買ってしまいそうなので、 ついでに、白い車を売る会社も一社にして、あとは差し止めしてくれ。

幻惑と死と使途 – 森博嗣

S&Mシリーズ6作目の幻惑の死と使途です。 やはり良いです。Vよりこっちのが良いね。 最近は売れるようになったから手を抜いてるのかな。 手品師の話。 殺人の舞台が手品師たちなので、トリックの存在を考えてしまい、 本質を見逃してしまう。 最初に少しだけ出てくる杜萌が良い。こういうキャラ好き。 流れ的には、次の本に出てきそう。 それで、やはり良いのはアイデンティティの境界があいまいになるところ。 四季や天王寺博士と同じ感じ。これが真髄だね。あとはおまけ。 ちょうど、萌絵が院試の前後という時期だったので、妙に良い。

ヴァニーナイツ

昨日は、ヴァニーナイツが最終回でした。 そして、初めて見ました。

ほっちゃんは君島セリア役なのですが、昨日は出てませんでした。 厳密に言えば、スロー再生すると1フレームくらい写ってました。 しかし、それは出ているうちにはいりません。 さらに、EDは林原めぐみでした。そういえばそうだったという感じです。

レポートがかなりピンチ。 あまりにピンチなので、本を読んでしまう。

人形式モナリザ – 森博嗣

Vシリーズ2作目の人形式モナリザです。 S&Mシリーズは主人公が2人ですが、Vシリーズは主人公が4人なのです。 このあたりが第2シリーズの余裕でしょうか。 いつにもまして、森ワールドが繰り広げられています。 練無も元気です。彼はれんちゃんと呼ばれています。 そして、たくさん人形が出てきて、モナリザなのです。 ちなみに、絵を盗んだのは意外な人でした。 そして、現代のミステリは精神世界の中で繰り広げられるのです。

秋の味覚

T大学は東京都で最も多く水道の水を使っているそうだ。 ところで、そのうち3分の1は水道管の破損部分から地面に染み込んでいるらしい。 なかなか、ナイスな設備だ。 マーフィーの法則風に言えば「税金は無駄に使われるものである」かな。

Mステで、タモリが秋の味覚で好きなのはさんまって言っていた。 トライアングルセッション99のラジオでは、 勝ったら好きなものがもらえるクイズのコーナーがある。 先週、まぁちゃんは目黒のさんまが欲しいっていっていた。 一方、あっちゃんはいつもTAが欲しいとかMOが欲しいとか言っている。 なんとなくマニアっぽい。

ところで、ときメモ2は5枚組。 パッケージが気になる

マジカル頭脳パワー最終回

「永遠はあるよ」

そうはいっても、やはり必ず訪れるのが最終回。 あのマジカル頭脳パワーもとうとう終わってしまった。 思い起こせば9年前(いや、別に思い起こさんでもええけど) マジカルミステリー劇場なる画期的なコーナーのある番組だった気がする。

研究室のマシンのアカウントを作ってもらったけど、なかなか環境がすごい。 まず mule がない。なぜか emacs 使ってるし。 それで、漢字変換は SKK が流行ってるし。 ウィンドウマネージャはもちろん twm が大人気。

しかし、我が研究室の助手さんは何故か贅沢な設備が・・・ 20インチ特製液晶ディスプレイ。購入当時100万円也。 おいおい・・・一点豪華主義か。

KSSのファン感謝デーイベントは落選。 やはり、はがき1枚ではだめなのか。 定員は結構多かったような気もしたけどね。