1999年5月

黒猫の三角 – 森博嗣

最近、森博嗣のファンなのです。 というわけで、ノベルズ版なのですが、購入です。 この本はミステリです。 今までの犀川&萌絵のシリーズが終ったので、新シリーズです。 ちなみに、このシリーズの人々が出てくる短編がすでに、 「地球儀のスライス」に載ってます。 「気さくなお人形、19歳」ってやつです。 まずはタイトル。デルタっていう名前の黒猫が出てきます、それで黒猫の三角です。 しかも、クロネッカーのデル […]

記憶の果て – 浦賀和宏

今、人気急上昇中の若手人気小説家(!?)である、浦賀和宏の本を読んだ。 彼は、知る人ぞ知る第5回メフィスト賞の受賞者だ。 しかし、僕が最初に浦賀和宏を目にしたのは、そんな理由ではない。 彼の本の表紙が、大好きな森博嗣の本にそっくりだったのだ。 どんな風に似ているかは、右の画像を見てもらいたい。 ちなみに、浦賀和宏のほうはアルファベットが、 森博嗣のほうは紫の部分が光っている。 (もっと、詳しく知り […]