魍魎の匣 – 京極夏彦

京極堂シリーズ第2弾、この人の話も読みなれてきたので、すんなり読める。 基本的に話はシンプル、起こる出来事も至極まっとう。 それでいて、話術とか言葉によっていろいろ翻弄するのだ。 今回の話はなんかデジャヴな感じがしてしまった。 こわいこわい。 鳥口くんが、思っていた以上にしっかりとしたキャラに思えてきた。 かれは「うへえ」と言っているだけではなさそうだ。

ユリ迷宮 – 二階堂黎人

二階堂蘭子シリーズ。長編かと思っていたのだが、実は短編集。 全3作品で、最初の二つは本当に短編、 最後の一つは中篇くらい(そんな言葉あるのか?) いちばん最初の「ロシア館の謎」という綾辻とも有栖ともとれるような (タイトルだけ) 非常によくできてておもしろい。 あとは、それなり。